2016年09月25日

マルイ MP5 デジタルトリガー ASCU2 GEN4+

だいぶ涼しくなりサバゲーシーズンになりましたね

そんなこんなでカスタムしております

今回は懐かしの名機といっても良いであろう 東京マルイ スタンダード MP5a4 を電子制御にカスタムします



ブルガリア airsoftsystems社 ASCU2 GEN4+

AIRSOFT SYSTEMS HP

今までかなりの数のFCU(ファイヤーコントロールユニット)を組込ましたが一番信頼性が高く壊れにく安心して使えるのがこの ASCU シリーズだと思います

過去のその他FCU組込の記事はコチラ 過去のFCU組込記事


今回は新しくなったGEN4+ 毎年アップデートされている様です

ASCUシリーズは他のFCUと異なりプリコッキング(ピストン後退保持)機能がありません

なのでノーマル状態に組み込んでもレスポンスは勿論良くなるものの劇的な変化はありません

以前は全てのメカボにDSG(デュアルセクターギア)を組み込んだ状態でASCUを組み込んでいたのでプリコックなしでも良かったのですが今回はDSGを使用しないでレスポンスを劇的に良くしてみます

選択肢は2つあります

1.スプリングやギア等すべてノーマルでフルストロークを11.1Vで作動させる

2.ハイスピードギアやカスタムスプリングを使用してなおかつ程ほどにセクターカットを行い7.4Vで作動させる

個人的に11.1Vで無理やり回すのは嫌いなので今回は2の方法を選択します







自分的にはMP5は固定ストックこそMP5だと思っております

新品箱出しからのカスタムになります




まずは初期診断



スタンダードにしては元気な感じです

そして1マグ撃ってバラシます

分解方法は割愛致します



何度みても新品メカボはいいです




内部は勿論綺麗ですが各所のグリスがなんだか放置劣化気味



今回は定番中の定番SHSの13:1を使用します

セクターは解放側のみ2枚カット



よく耳にする解放側を何枚カット引き始めを何枚とありますがカスタムする内容により異なるので状況にあわせて判断します

今回はレスポンスUPカスタムなのでよくあるハイサイのピスクラ予防の為のカット方法とは違います

そしてFCUとアナログスイッチでもかわります

従来のアナログスイッチの場合ピストン停止位置が不安定でカットを間違えると撃ち始めだけ弾ポロや弾道の不安定等があります

FCU ASCUの場合はデジタル制御でモーターブレーキがかかるので必ず同じ位置でセクターが停止するので非常に正確なセッティングが可能です

そして停止する位置がピストンを引き始めるギリギリで停止するのでセクターの引き始めをカットするとロックタイムが長くなり逆効果になるので今回は解放のみ2枚カットし解放タイミングを早めます

解放側のカット時に気を付けるのはノズルの閉鎖タイミングとピストン解放のバランスです

解放側を極端にカットするとバランスが崩れ初速低下等をおこします




本来2枚程度のカットなのであまり気にすることはありませんが確実に作動させる為タペットプレートを少し加工します

画像の様に2mm程プレートをカットしてノズル閉鎖を早めています




そしてシム調整等を行いASCUを組込ます

ASCUの場合2分割構造になっています




そして以前組み込んだGEN3 GEN3+ の記事にも書いていますが黄丸の黒い付属のカットオフレバーは使用しません

GEN4+になって改良されたのかと思いましたがやはりガタも多くカムの当たる部分の形状が悪くカットオフスイッチを跳ね上げる動作量が少なくたまに検出不良をおこします

なので毎回の事ですが純正のカットオフレバーを使用します

この際カットオフスプリングの付く部分は削り落としておきます

純正カットオフレバーだときっちりと作動します





カットオフレバーの動作確認をきっちりやってからFETが入った側を被せて組込みます

GEN3シリーズは配線が16Gぐらいの極太配線で取り回しに苦労しましたが今回のGEN4シリーズはマルイ純正配線程度の細い線です

いままで色々なFCUを組み込んだ結果FCUにはあまり高効率の配線材は不要だと思います

とくに唯一の国産FCUのDTMシリーズは特に配線交換はおすすめしません

以前も質問されたのですが

(ショップでDTMを組んでもらったのに作動が安定しないんですけどどうしてですか?)

その時もしかして一緒に配線も交換した?

(はい してもらいました)

それが原因です

くれぐれもノーマルにポン付が一番良いです



そんなわけで恒例のショートストローク加工をしておきます



以前のGEN3にはトリガーに付けるゴムが入っていましたがGEN4+は入っていません

ASCUは全てのスイッチが非常に丈夫なので金属のトリガーでガチガチ押しても大丈夫みたいですが私は怖いのでストロークを詰めるのとスイッチ保護の為薄いゴムを貼っています

あとトリガーが配線に若干干渉しそうな部分があるので削っておきます





あとはすべてのパーツを組み込むだけです





今回はセクカ2枚なのでバトンの100をしっかりと事前にヘタらせて組込ます

事前にヘタらす事できっちりとしたセッティングが可能ですし強めのバネでも全長が若干短くなるので組込時も楽です

巷ではバトンスプリングすぐヘタる バネ鳴りがすると聞きますがきちんとヘタらしバランス良く組めば全く問題ありません

組みこんだパーツ

SHS13;1ハイスピードギア セクターカット解放側2枚 ベベルのみマルイ
SHS フルメタルティース強化ピストン
ライラ ピストンヘッド
バトンスプリング100
ライラ スプリングガイド







ついでにHOPパッキンの気密漏れも防止しておきます

自分の場合シールテープは使用しません

理由は厚みが出る グリスの種類によっては溶ける 確実ではない

ですので以前より剥せるボンドを極少量バレル側に塗布して組込ます

剥す際はバレル側は弱めのシンナー系でとれます パッキン側は普通に手で綺麗に剥せます

この作業で初速が5程度上がった事例もあります





今回使用するモーターは 以前紹介させて頂いた LONEX A2 か サマコバと迷いましがサマコバをチョイス




画像はEG1000になっていますが新品モーターはきちんと慣らしをしてから組み込みます






あとはグリップを付けて仮組をして試射してデータをみてみます




使用するバッテリーは7.4V OPNO1の2250



なかなか良い結果が出ました

今回はレスポンスUPカスタムなのでサイクルは関係ありません

レスポンスは予想通りDSGと同等とはいかないものの非常にハイレスポンスになりました

フルストロークのASCUより断然キレが違います

すべて1発で出来上がると大変満足感があります


最後にセミ切れを良くするにはトルクギアを使いハイトルクモーターでまわすと聞きますが あくまでもフルストロークを今現在ではトルクの弱い部類に入るEG1000程度でまわす場合であり 最近の高性能モーターでまわす場合はフルストークではなくシリンダーの空気量を確保出来る範囲でセクターカットをしややショートストロークにして少し強めのバネを入れてやった方が格段にセミレスポンスがあがります

何も11.1Vの様な強いバッテリーで強引に回さなくても7.4Vですんなりと回ってくれます

今回の様なFCUを使用した場合はレスポンスUPの為のセクターカットは正解だと思います




そんな感じで次回はまたまた 次世代M4に デジタルトリガー DTM-N を組み込む になります

長文をご覧いただきありがとうございました








TOMIMASU BASE HP
http://s.maho.jp/homepage/1ebb85a713ed906d/


  


Posted by ボブ隊長 TOMIMASU BASE  at 20:23Comments(0)ファイヤーコントロールユニット

2016年06月23日

ハイキャパゴールドマッチ レースガン




久々の記事になります!

めったに更新しないこんなブログでも毎日たくさんの方に読んで頂き大変感謝しております

特にカスタム系の記事に沢山の質問を頂いてありがとうございます

久しぶりにコメントチェックしたらたんまりと質問頂いており今後おいおいですが返信させて頂きます!



そのなかでも意外や意外にアクセスが多い記事がなんと ハイキャパ レースガン です

これには大変驚きました!

私達の住むこの山陰地方も最近では島根のチーム だらず弾 さん等の貢献によりサバゲーは大変メジャーになってきております

素晴らしい事ですね~

しかしジャパンスティールやアンリミテッドの様なスピードシューティングはマイナーのマイナーです

私自身も最初はまったく興味がなかったのですが一度やってみるとこれが自分との戦いで完全にはまってしまいました!

全国的にもまだ知名度が低い様ですが少しでも普及すれば良いなと思っております

涼しい季節はサバゲー 暑い時期はテントの下でシューティング といった感じで過ごしております




前置きがながくなりましたが今回は ハイキャパゴールドマッチをレースガンにしました







いきなりほぼ完成画像ですがこんな感じになります

今までにハイキャパ5.1 4.3 G17 G26アドバンス 等で多数レースガンをつくりましたが毎回ワクワクします





毎回の事ですが新品箱出しを初速だけ計測していきなり全バラします 笑

カラーは通称仏壇カラーで好みがわかれますがシューティング用なので私はリッチな感じで好きです!

普通のハイキャパは5.1と4.3をもう6台程度購入していますがゴールドマッチはたしかにシューティング様にグレードアップしていて良い感じです

ノーマルハイキャパと違う点は

●肉抜きスライド
●集光サイト
●リアサイトが樹脂
●ショートリコイル機構が強制タイプ
●フレームが4.3のダグラスカット
●トリガーが4.3
●スライドストップノッチ削れ対策
●Gセーフティーの形状
●インナーバレルがショートリコイル用に外側に溝付き

とこんな感じでしょうか

明らかにリコイルが軽くスライドスピードが速くなっています

やはりシューティングにはもってこいの仕様です

今回使用するパーツ

(内部) 
●インナーバレル 7インチ (17.8cm)
●ファイアーフライ甘口なまこ
●ライラクス フェザーウェイトピストン(樹脂ブリーチ)
●ファイアーフライ リコイルスプリングガイド ベアリング付き
●DEEP FIRE BUBO SCANDIACUS リコイルプラグ

(外部)
●C-MORE ドットサイト 8MOA 実物
●ELEMENT カーボンマウント
●AIPマグウェル
●KJWORKS グリップ
●Nファクトリー コンペンセイター Aタイプ 
●UFCコッキングハンドル

大体こんな感じです

細かい分解方法は沢山でまわっていますので省略します

まずはグリップセーフティーのキャンセル

これがあるとスピードシューティングではものすごく邪魔になります

セーフティーはサムセーフティーのみでOKなのでキャンセルします



イモネジをたてたり等色々なキャンセル方法がありますが私は簡単で確実なプラ板をハウジング側に接着してキャンセルします



透明の物がプラ板でこれでグリップセーフティーを常に押し込んだ状態にしておきます

接着は瞬間接着剤の耐衝撃タイプを使用してアルテコプライマーでしっかりと硬化させます



ついでにグリップとバレル廻りも交換

KJWORKSのグリップは基本無加工で付きますが若干内部が大きいのかトリガーとトリガーバー付近にガタが発生するのでキッチリとガタ取りをしてやります

マグウェルですが今回はいつものものより小型を取り付けました

今回のAIPは無加工で取付可能ですが5KUの大型マグウェルはマガジンバンパーが干渉する物があるので加工が必要です




次はレースガンの要 軽量ブリーチです



アルミや樹脂等色々と何個も組ましたが今回は一番軽量な樹脂製を組み込みます

良くライラクスのフェザーウエイトピストンはすぐに壊れると聞きますが私は10000発以上撃っても一つも壊れた事がありません

無論アルミブリーチと違い弱いですがまったくきになりません

すぐに壊れる場合は恐らく組込時に無理して入れて破損するかガスカット量の問題リコイルスプリングの強さ等で破損が早まるのではないかと思います しかし消耗品なので早めの交換は必須です

見えにくいですが画像に写っている茶色い物がガスカットした物です

いつもはプラリペアで整形したものを使いますが今回は普通にプラを整形して使用しています

私はあまりガスカットをし過ぎないようにセッテイングしています

カットし過ぎた時のモフっとした撃ち味がきらいなのでリコイルが若干少なくなる程度にしてあります


あとライラクスの樹脂ブリーチを使用するとリアサイトを固定するネジが使用できなくなります

純正サイトは問題ありませんがドットサイトを乗せた場合サイトパララックスの関係で出来る限りサイトを低く取付ますがその場合純正サイトは邪魔になるので取り外してスライドにフラットになる様にコッキングハンドル兼サイトの穴埋めをするのですがこれを固定するネジが使えません

このような場合ブリーチ側の穴を接着剤で少し小さくしてネジロックを塗布して軽くネジを止めておけば大丈夫です

アルミブリーチは問題なく使用できます

あとは画像はありませんがショートリコイルのオミットです

ハイキャパゴールドマッチの場合通常のハイキャパと違い強制型なのでやり方が少しちがいます

これは話が長くなるので次回記事にしてみます

その他イナンナーバレルの固定とハンマーまわりを加工してレスポンスUPしてとりあえずOKにしました




今回一番のカスタムパーツはやはり 実物のC-MORE です

いままでレプリカばかり6個程購入しましたがどれもこれも・・・

レプリカもピンからキリまであり色々試しましたが不満ばかりで今回はかなり高価ですが実物にしました

違いは


レプリカ C-MORE


(メリット)
●やすい
●高いレプリカは実物より外観の造りが綺麗

(デメリット)
●ドットが暗い にじむ 
●射撃の衝撃でLEDが消える
●レンズに色がつきすぎてて暗い
●レンズが粗悪で虫眼鏡みたい
●電池の燃費が悪い
●ゼロインしにくい
ETC

実物 C-NORE

(メリット)
●ドットが真ん丸で非常に綺麗
●レンズのクオリティーが高くドットが空中に浮いてみえる
●光量調整の幅が非常にひろい(クリックモデルは例外)
●モジュールによりドットサイズの変更が可能
●ゼロインが楽にできる(最初は固い)
●電池の燃費が非常に良い

(デメリット)
●非常に高価
●入手性がいまいちよくない
●外観がレプリカに負けている

こんな感じです






結果から言うとサバゲーにはレプリカで充分でありスピードシューティングには間違いなく実物をおすすめします


最後にタクティカルクラス用のG34もご紹介




こちらもかなり撃ちやすくカスタムしてありますので詳細はまた今度記事にさせて頂きます



TOMIMASU BASE HP
http://s.maho.jp/homepage/1ebb85a713ed906d/





  


Posted by ボブ隊長 TOMIMASU BASE  at 14:54Comments(0)ガスブロ

2015年11月23日

次世代 CQB-R デジタルトリガーシステムマッチ組込




久々の記事になります!

ここ最近は仕事やら活動を再開したバンドやらと何かと忙しく記事を書けませんでした・・・


そんなこんなで今回はいまさらながらの 東京マルイ 次世代電動ガン CQB-R にFCU(ファイヤーコントロールユニット)を組み込んでいきます






何度も記事にさせて頂いてますが簡単に説明すると
通常のアナログスイッチをデジタル制御にして

●多彩な射撃モード
●トリッガーロック回避
●高次元のトリガーレスポンス
●トリガーストローク短縮化
etc・・・

を実現することが出来ます

これまでのFCUの記事はこちら
http://tomimasubase.militaryblog.jp/c40058.html


今回は唯一の国産FCU BIG OUT デジタルトリガーシステムマッチ DTM 次世代用




こちらのFCUユニットはもう何度も組込させていただきましたが次世代機には一番良いと思います

スタンダード機にはデュアルセクターギア搭載であれば ブルガリア製 ASCU GEN3 がおすすめで
ノーマルギアのハイサイやトルク型には アメリカ製 BTC spectre がおすすめです
細かい詳細は以前の記事で確認してください


今回のデジタルトリガーシステムマッチ(以降DTM)の中身はこんな感じです



非常に小さなパーツで検出スイッチが非常に弱いです

組込はVer3用の方が楽に組み込めます

Ver2スタンダード用は組込設定とも難易度が高くなります

こちらのDTMシリーズすべてに言える事が とにかく検出スイッチがもろい

モーター ギヤ比 配線材 バッテリーにより3点バーストの設定等が非常に無理がある

カリカリチューンの銃の場合は 上記で紹介した海外製FCUを強くおすすめします

次世代ノーマルにはこちらのDTMがおすすめです

組込の際に検出スイッチだけ気をつけてやれば組込も楽にできます


早速バラします(分解方法は多数紹介されているので割愛いたします)



今回の個体は以前のSCARと違いメカボックス内部のバリや段差等が非常に少なく状態が良いのでそのままでいきます



このスイッチを交換します



仮組してこのような感じでおさめます



組込の際の注意点はカットオフレバーのバリをキッチリと落としてやる事です

次世代のカットオフレバーは結構バリがありこのバリが残ったままだとうまく検出スイッチを押さえる事が出来ず検出エラーをおこしトラブルがおきるので注意が必要です


そして次はトリガーストロークを短縮するためメカボックスの赤丸の部分に米粒程のパーツを取り付けます



トリガーの方にも小さなパーツを取り付けます



そしてここで注意点

2つのパーツを取り付けただけでも作動しますが 何度も言いますように 検出スイッチが弱いので多少調整してやります




そのまま付けると赤丸の検出スイッチを黄丸のトリガーに付けたパーツがトリガーを引く度にかなり押し上げます

強く押し上げる事によってスイッチに負担ががかかり縦方向には強いとされているこのスイッチもこわれます

ですのでトリガーを最後まで握り込んだ状態で検出スイッチに若干余裕がでる程度トリガーに付けたパーツを削って調整してやります

このスイッチは最後まで押さえなくても半分程度で機能しますので多少の余裕は大丈夫です

Ver2はトリガースイッチが斜め方向に押さえるタイプなので大丈夫で他の海外FCUは非常に強靭な検出スイッチを採用しているのでまったく問題ありません




そしてパーツの接着にはきちんと足付をしアルテコプライマーでしっかりと硬化させてください





配線をハンダ付して組込ます



最後に信号線を赤丸部分のモーターマイナスに接続して完了です





色々な設定を細かく調整して組込完了です

良く聞く話ですがDTMを付けたのにいまいち作動が安定しない

3点バーストにならない等があります

このような場合大抵DTM組込の際に配線材を同時に交換したりリポバッテリーのC値を高い物を使用していたりモーターを交換していたりする場合がほとんどでバランスが崩れています

今回のDTMに限ってですが モーターは EG1000 配線材はノーマル リポバッテリーはオプションNO1を使ってきっちり調整してやれば大丈夫です

上記のパーツも交換したいようであれば海外製FCUを使用してください

今回のDTMですがノーマルに組み込んだだけで驚きのレスポンスを発揮します

ノーマルアナログ機に大金を使ってカリカリチューンにするより圧倒的に性能が向上します

一度デジタルにすると病みつきになります



最後に分解したついでに新品ですが若干の汚し塗装をします







塗料は自動車用の物を調色しフラットベース(艶消し材)を入れて吹きます





私的にあまり汚れ過ぎは嫌なので軽く色付してほぼ拭き取ります








今回は外装はほぼノーマルで使用したいのでハンドガード等の交換は予定しておりません

いまさら仕様で出来上がりました

長文をご覧いただきありがとうございました


TOMIMASU BASE HP
http://s.maho.jp/homepage/1ebb85a713ed906d/





  


Posted by ボブ隊長 TOMIMASU BASE  at 16:56Comments(0)ファイヤーコントロールユニット